Featured Link vol.6 – Acura TLX Odyssey. Team Infection.

Acura TLX Odyssey. Team Infection.

Team Infectionの豊田祥平さんが、2018年の夏に3年近いリメイク期間を終え遂に完成したRB3オデッセイを紹介したいと思う。

以前から車高調ながら極端な車高短スタイルで強烈な雰囲気を醸し出していた豊田オデッセイだが、2015年に作成された動画 「 pleasurism – Conquistador – #Full_Version 」の公開後から本格的なリメイク作業に入っていた。

サイドステップが着地している状態での走行を快適にするため、エンジンルーム内部は大幅な上げ加工が施されている(加工は2016年のStanceNation東京でアワードを受賞したミラジーノの山本さんの手によるもの)

足廻りは当然フル加工されており、マフラーもワンオフ製作されている(ノーマルを維持している箇所はほとんど無いと言った方が早いかもしれない)

この撮影時点では見ることが出来なかったが、現在はトランクフロアがアクリル加工されており、ワンオフのマフラーが室内からうかがえる仕様となっている。

外装は説明するまでもなく、強烈なインパクトを誇るACURA TLXのフロントを移植している。新型オデッセイはこんな感じであろうと思わせるほど違和感の無いインストールを行ったのは千葉のAUTO BODY Y。

百聞は一見にしかず。陳腐な言葉を並べるより、写真を見て凄さを感じて欲しい。出来れば実車を見るのが一番だと思う。イベント会場に豊田オデッセイを見つけたら要チェックである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です